« 「物語 アメリカの歴史 超大国の行方」(猿谷要、1991年、中公新書) | トップページ | 「歴史認識とは何か 対立の構図を超えて」(大沼保昭/江川紹子、2015年、中央公論新社) »

2016年5月 6日 (金)

「古代地中海世界の歴史」(木村凌二/中村るい、2012年、ちくま学芸文庫)

「古代地中海世界の歴史」(木村凌二/中村るい、2012年、ちくま学芸文庫)

「騎馬遊牧民の脅威があればこそ、農耕定住民の住む文明社会の人々が一致団結する縁(よすが)ともなる。」「騎馬遊牧民と接触した隣接地域においてこそ...世界帝国が出現する。」(71ページ)
世界帝国にかぎらず、権力とか支配関係といったものは人々が自分たちの平和のため自ら欲したものでもあるのだろう。ただし前近代においてはそのことはほとんど自覚されない....と漠然と思っていた。

エジプトのピラミッドの建設というのは農閑期の雇用対策であると現在では考えられているらしい(33ページ)。ここには確かに単なる支配では無い、支配者の役割の自覚が感じられます。

これと関連して、この本が取り上げている古代史の範囲内で個人的に最も興味があり、理解が難しいと感じるのは古代ローマの共和制から帝制への移行です。
カエサルやアウグストゥスの個人的な政治的指向や支配欲の背後に平和を求める人々がいて、その人々が生きる社会の変化があって、やがて帝制になっていく。帝制への移行は「必然」だったのかどうかこの本の記述だけではまだ胸落ちできないかな。(この本の責任ではなくて、自分の歴史眼の問題ですが)

« 「物語 アメリカの歴史 超大国の行方」(猿谷要、1991年、中公新書) | トップページ | 「歴史認識とは何か 対立の構図を超えて」(大沼保昭/江川紹子、2015年、中央公論新社) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「物語 アメリカの歴史 超大国の行方」(猿谷要、1991年、中公新書) | トップページ | 「歴史認識とは何か 対立の構図を超えて」(大沼保昭/江川紹子、2015年、中央公論新社) »