« 2017年12月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年9月24日 (月)

「音楽 展望と批評 1/2/3」(吉田秀和、朝日文庫)

「音楽 展望と批評 1/2/3」(吉田秀和、朝日文庫)

古書店で偶然手にとって購入した。3冊で2,000円。
割と近年まで活動していた人、というイメージのある著者だが、この3冊に収められている文章は1971年から81年に書かれたものが中心になっている。ということはかなり若いときの文章?と思ったが、著者の生年は1913年である。だからこれらの文章が書かれたのは50歳台末からの10年間ということになる。文章には自分が高齢者であることの自覚が読み取れるものがいくつかあります。
1913年生まれと言えば自分の親よりもさらに10数年から20年ぐらい年上である。

各冊とも後半3分の1ぐらいは「音楽会批評」として、著者が行ってきたコンサートのレポート、批評になっています。今から30年以上まえのコンサートの批評を今読む価値があるのだろうか。実のところ、この部分はほとんど斜め読みでした。

新聞に掲載された当時ならどうだったろう。当時の新聞の読者には著者と同じコンサートへ行き、そしてこの著者の批評を新聞紙上で読んだ人がいたに違いない。その人たちはこの著者の文章に同意するしないを言う以前に、文章を理解できただろうか。もしぼくが、著者と同じコンサートへ行ったとしても、著者のこの文章は理解できないでしょうね。この著者は聞いてきた演奏を文章・言葉にする特異な能力があるのだ。
 

【展覧会】「ハピネス」展 (名古屋ボストン美術館)

この展覧会は日本もアジアもヨーロッパもアメリカも古代も現代もごちゃまぜでとくに目玉が無い、というわけで割と気楽に見て回ることができましたね。

興味深い出品は
「仏頭」(8世紀、インドネシア/ジャワ島)。なんとなくイスラム教の国というイメージがありますが、仏教も存在したことがわかります。
「山間望月」(フランシス・ガードナー・カーティス)。アメリカ人の描いた日本画。
といったところか。

最後のほうにまとまって展示されていたジム・ダインの作品群はどれもハート型をモチーフにしていて、やや安っぽいデザインの気がしましたね。ハート形のイメージが日本人と欧米人とでは違うのかもしれませんが。

名古屋ボストン美術館の最終展である。
この美術館には何回来ただろうか(おそらく4回)。

« 2017年12月 | トップページ | 2019年1月 »