« 「戦艦大和 生還者たちの証言から」(栗原俊雄、2007年、岩波新書) | トップページ | 「塩の道」(宮本常一、1985年、講談社学術文庫) »

2019年1月 3日 (木)

「絵巻で読む中世」(五味文彦、2005年、ちくま学芸文庫)

「絵巻で読む中世」(五味文彦、2005年、ちくま学芸文庫)

日本の中世に成立した絵巻物のうち、中世の初期(平安時代の最末期、12世紀、院政期)の名作を紹介し、読み解く。

本書を貫くキーワードは「王権」である。
これはかなり抽象的な概念だが、当時の王権の危機が政治的には院政となってあらわれ、さらには王権の危機意識は絵巻物にも反映しているというわけだ。

取り上げられている絵巻物のうち、最も興味を引いたのは「信貴山縁起絵巻」ですね。
弟の消息をたずねて信濃から上り信貴山で再会する、というのは王権の話を抜きにして良い話です。王権のお寺である東大寺の験の力によって再会できたわけですが。

本書は文庫本のため、引用されている絵巻が見にくいのが難点です。実物をどこかの展覧会で見たこともないはず。大きく印刷されている書籍を今度探してみよう。

« 「戦艦大和 生還者たちの証言から」(栗原俊雄、2007年、岩波新書) | トップページ | 「塩の道」(宮本常一、1985年、講談社学術文庫) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「絵巻で読む中世」(五味文彦、2005年、ちくま学芸文庫):

« 「戦艦大和 生還者たちの証言から」(栗原俊雄、2007年、岩波新書) | トップページ | 「塩の道」(宮本常一、1985年、講談社学術文庫) »