« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月29日 (月)

児山紀芳さんの思い出

ジャズ評論家の児山紀芳さんが亡くなりました。
あまり多くはないけど児山さんの思い出を書いてみたい。

・初めて知ったのは1985年の終わりごろNHK-FMで聴いた「ゴールデンジャズアンドポップス」でした。日曜日の17:30ぐらいから本放送、土曜日の昼に再放送で、ジャズの枠は45分だったと記憶している。当時は本多俊夫さんと毎週交代で出演していた。

・翌年(1986年)の正月、NHK-FMでジャズの特番があって児山さんが出演していました。その番組で児山さんが「正月らしく華やかにいきましょう」とか言いながらかけた曲は Art Blakey & The Jazz Messengers のアルバム"Live At Sweet Basil"から"Mr. Babe"だった。
このアルバムは私が初めて購入したジャズのレコードです。

・「ゴールデンジャズアンドポップス」で記憶しているエピソード。ガン療養中のアメリカのジャズミュージシャン(誰だっか記憶にない。Stan Getz?)が、日本で治療できないか、ということで児山さん宛にレントゲン写真などを送ってきたらしい。児山さんは実際に日本の医師にそれらを見せたようで、「手の施しようがない」と言われた、と番組中で言っていました。

・2007年ごろNHK-FMの別の番組(朝9:30ごろ)にゲストで出演しているのを、たまたま仕事に行く途中の車の中で聴きました。その番組で児山さんはArt Blakeyの思い出を涙声で語っていたのが印象的でした。


ご冥福をお祈りいたします。

【コンサート】ブランデンブルク協奏曲」全6曲/セントラル愛知交響楽団

【コンサート】ブランデンブルク協奏曲」全6曲/セントラル愛知交響楽団 (2019年5月17日、名古屋伏見・電気文化会館)

J.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲」全6曲。

GW前に名古屋・栄の県芸術センタープレイガイドでチケットを購入したときは空席が相当残っていて「大丈夫か?」という感じだったが、当日は見事にほぼ満席になった。
とくに高名な演奏者が出ているわけでもないので、やはり名作ぞろいのブランデンブルク協奏曲だからでしょうか。
全曲をまとめて聴ける機会はそんなにないです。最も好きな第3番を聴けたのがうれしいです。

CDなどの録音で聞いても楽器編成にバラエティがあることはうかがえますが、やはり生演奏を見るとそれは一目瞭然でした。
トランペットは第2番にしか出ないし、演奏時間もそれほどないのにわざわざ客演を招いているのはなぜだろうか。

【美術館】メナード美術館 (2019年4月28日、愛知県小牧市)

企画展は「シャガール マチス ルオー 三人の画家の版画集」。
シャガールとルオーは他の美術館でも見かける気がするが、マチスの「ジャズ」はおそらく初めて見た。
「ジャズ」は音楽とはまったく関係がない。刊行年が戦後の1947年で、フランスにも音楽のJAZZが大量に入ってきたと思われるので、おそらく商業上のイメージ作りのためにこのタイトルにしたのではないか。
逆にJAZZのアルバムジャケットにマチスの作品を使っているものがありましたね。だれのどのアルバムか思い出せないですが。

常設展ではパブロ・ピカソ「恋人たち」が今回の発見。薄い黒とわずかな線だけで描かれていて、自分も絵がこんな風に描けたら、と思わせる作品です。
キュビスムとかのアイディア勝負ではなく、ピカソのベーシックな絵画能力を十分に見せつける絵です。
(googleの画像検索ではこの絵が見つからなかった。メナード美術館のサイトにも無い。)

2019年4月14日 (日)

【コンサート】スイス・ロマンド管弦楽団

【コンサート】スイス・ロマンド管弦楽団(2019年4月12日、名古屋栄・愛知県芸術劇場コンサートホール)

1.メンデルスゾーン作曲 バイオリン協奏曲 作品64
 これを聴くのが目的だったが、期待に背かない素晴らしい演奏だったと思います。とくにオーケストラの音が止まり、バイオリンだけのソロの場面では客席をも相当な緊張感で包みました。
 
2.マーラー作曲 交響曲第6番「悲劇的」
 こちらの曲は初めて聞きましたが、なんとも大所帯な編成でありました。打楽器だけでも6人ぐらい、コントラバスも5・6、ハープも2人、さらにはチューバなどステージを目いっぱい使ってました。この曲はどうも「やりすぎ」な感があります。マーラーの音楽史的な評価はよく知りませんが、18~19世紀の大きな発展を遂げたクラシック音楽の成れの果ての姿なのでしょうか。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »