« 「仏教 第二版」(渡辺照宏、1974年、岩波新書) | トップページ | コレクション処分(古銭) »

2020年7月11日 (土)

コレクション処分(現行貨幣)

小学生のころコイン(貨幣)のコレクションをしていた。日本の古銭や外国の硬貨もあったが、日本の現行硬貨が収集の中心でした。
長い間実家に埋もれていたのをこの際処分することに。

まずは現行硬貨(と紙幣)から。
このジャンルは購入するには額面以上の値段がついていても買い取ってくれる業者はあまりないようです。
それでどうするのがよいか。いくつかの業者のサイトでは銀行の預金にすることが勧められています(たとえば「伊神切手社」の買取/古銭ページ「銀座コイン」のよくあるご質問ページ)。
この方法で処分することにしました。ネットオークションなどもありえるわけですが、たいした総額でもないのでさっさと処分できる手段を選びます。

私が持ち込んだ先は口座を持つ地方銀行の支店の窓口。要件のアポなしでいきなり持ち込みましたがその場で預金にできました。

内容は、聖徳太子10000円札、伊藤博文1000円札、板垣退助100円札、岩倉具視500円札、(前回)東京オリンピック100円硬貨、札幌冬季オリンピック100円、大阪万博100円、沖縄海洋博100円、(前)天皇陛下即位500円、穴なし5円(昭和23)、穴なし50円(昭和30年など)、穴あき大型50円(昭和40年など)、鳳凰100円(昭和32年など)といったところで総額は15000円ほど。

これ以外にも現在とデザインの変わらない昭和30~50年代の1円、5円、10円、50円、100円硬貨がありますが、これらはスーパーのレジや自販機で使っていくことにします。ギザ10と呼ばれる昭和27~33年の10円硬貨も普通の10円として使います。よく見ると昭和30年代の5円硬貨など書体が今と違いますし、「日本国」が「日本國」だったりするので店員が気付く可能性はあります。

Shotoku10000 Giza10

« 「仏教 第二版」(渡辺照宏、1974年、岩波新書) | トップページ | コレクション処分(古銭) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「仏教 第二版」(渡辺照宏、1974年、岩波新書) | トップページ | コレクション処分(古銭) »