« 【博物館】日本ラジオ博物館 | トップページ

2020年9月14日 (月)

【美術館】北澤美術館/諏訪市美術館

北澤美術館。エミール・ガレなどの工芸品と現代日本画の展示。
エミール・ガレは名古屋のヤマザキマザック美術館などあちこちの美術館で見るような気がして、「なんとも多作な作家だな。それともガレを好むのは世界で日本人だけなのだろうか」などと思ってきましたが、北澤美術館の説明を見て理解しました。
個々の展示品の表示にある「エミール・ガレ」というのは作家の名前ではなく、製造メーカーの名前と理解しないといけないのだ。ラジオ博物館の展示品にある「ソニー」や「松下電器」などとほとんど同じである。
ただ、電機メーカーほど大きな企業ではなくて個人企業なので、製品のデザインや企画に経営者であるエミール・ガレ本人のアイディアが一貫している、というのはあります。このあたりのことは、絵画では17世紀のルーベンス、現代のファッションブランド(ブランド名が個人名になってる)にも見られますね。

エミール・ガレの死後、エミール・ガレはどうなったのだろうか。

北澤美術館のとなりに「サンリツ服部美術館」があるが今回は見送りました。


諏訪市美術館。常設展は長野県とくに諏訪に縁のある作家の絵画や彫刻。初めて見た作家名ばかりであった。故人ばかりで現役の作家はいなかったような。制作時期は20世紀の初期から末期まで。絵画については19世紀後半のフランス絵画の流れを汲むものがほとんどで、現代美術的なものはそれほどなかった。シュールレアリスムを取り入れたものが1点あったが、その制作が戦前なのは驚き。

細川宗英という彫刻家の作品が多数取り上げられていた。この人の作品だけが特別に多数(20点ぐらい)、しかも展示コーナーを区切って展示されていたので、特別展かと思ったら違い、常設展らしい。この人はロダンに止まらず、現代性を追求したひとだったようです。

« 【博物館】日本ラジオ博物館 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【博物館】日本ラジオ博物館 | トップページ