« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年10月11日 (日)

【美術館】「西洋の木版画」展/町田市立国際版画美術館

【美術館】「西洋の木版画」展/町田市立国際版画美術館 (2020年10月10日、東京都町田市)

前々から行きたいと思いつつチャンスが無かった町田市立国際版画美術館に行ってきました。

JR町田駅のターミナル口から徒歩で行きましたが、美術館手前の坂道は本当に急だった。ここだけではなく、横浜線の電車から見えるあちこちの街並みの多くがこんな感じで、相当無理して町を作ってきたようです。

展示は「西洋の木版画」展だった。アルブレヒト・デューラーだとか聖書の物語などは当然のごとく展示されていましたが、19世紀以降の一般大衆向け、あるいは子供向けの作品が面白かった。このころになると文章は活字で印刷するので読みやすくなってます。

 

【美術館】東京富士美術館

【美術館】東京富士美術館 (2020年10月9日、東京都八王子市)

毎日新聞の懸賞で東京富士美術館の特別展の招待券が当たったので、良い機会ということでこの美術館に初めて行ってきました。
この美術館は常設展が注目に値する、というわけでそちらから見て回ります。

【ピーテル・ブリューゲル(子)】
父の作品(「雪中の狩人」と「農民の結婚式」)の複製が2点展示されていた。
「農民の結婚式」はこれとは別の複製をどこかで一度見ているが、「雪中の狩人」の複製は初めてだと思う。
「雪中の狩人」は父のオリジナルよりはかなり小さいが、変にアレンジしている部分が、狩人の服の強い赤などを除けばあまりなくて上質な複製と思いました。
かたや「農民の結婚式」は舞台を屋内から屋外に移すなどのアレンジを加えている。この画家の特徴的な人物像、とくに目の描写の特徴が遺憾なく発揮されています。

【ナポレオン】
ナポレオン・ボナパルトの他、皇妃、ナポレオン三世など肖像画がいくつもあった。
それどころか、展示室とは別に過去の特別展のポスターが飾ってあるコーナーがあったのですが、ナポレオンに関する特別展をいままでに5、6回やっています。
ナポレオンに対するこだわりがこの美術館にはあるようです。

(そういえば、この美術館のとなりに宮殿みたいな建物がありました。路線バスから見る限り敷地内に人影はなく、建物の名称や所有者を窺わせる表記・看板も見当たらなかったので何かの廃墟かと思いましたが、そうではないようです。「創価学会 東京牧ロ記念会館」というらしい。2020/10/15 追記)

【20世紀】
デ・キリコの作品の実物をおそらく初めて見ました。それ以外にもアンディ・ウォーホール、ロイ・リキテンシュタインなど、今回の常設展でもっとも上質な展示は20世紀美術だと思います。

【17世紀から19世紀前半】
当時のオーソドックスな肖像画や風景画が多く、特筆すべきものはあまりなかったかな。名前を初めて見た画家が多かったです、と言うか知っている名前の方が少なかった。(知ってる名前というと、カナレット、イアサント・リゴー、アントワーヌ・ジャン・グロ、ぐらい)
19世紀のイギリスの画家による風景画がいくつもありました。どれも17世紀以来の風景画のスタイルで特にどうということはなかったですが、このジャンルの根強い需要を感じさせます。

【特別展:「THIS IS JAPAN」展】
元々この特別展の招待券をもらったからわざわざ八王子まで出かけたわけですが、この特別展にはあまり期待していませんでした。
それでも吉田博という画家を知ったのは収穫でした。この人は大正~昭和初期という時代に山に籠ってまでして富士山などの山岳風景を木版画にしています。富士山を描くにしても「日本画風」でないところがよいです。

【総評 (2020/10/15 追記)】
なかなか見ごたえのある美術館でした。静岡・熱海のMOA美術館よりは間違いなく上です。
「芸術新潮 2020年1月号」の記事によれば、この美術館はジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品も所蔵しているらしい。今回は残念ながら出てなかったが、機会があれば見てみたいです。

 

2020年10月 3日 (土)

【美術館】「殿さまが好んだヨーロッパ」/徳川美術館・名古屋市蓬左文庫

【美術館】「殿さまが好んだヨーロッパ」/徳川美術館名古屋市蓬左文庫 (2020年9月30日)


ヨーロッパから尾張徳川家・徳川美術館に伝えられた品々の特別展。
医学・地理学・植物学・軍事など実用分野の文書と美術・日用品分野の実物とに大別されるが、前者は主に名古屋市蓬左文庫が所蔵し、後者は徳川美術館が所蔵しているようだ。

美術・日用品分野では繊維製品や革製品が主で、絵画については木版画が少しある程度だった。江戸時代には油彩画は入ってこなかったのかな?

世界地図が何点か展示されてたが、それを見て気が付いたこと。「太平洋」を「大東洋」と表記しているのが幾つかあった。確かに「大西洋」に対して「大東洋」はつり合いが良いが。"Pacific ocean"には「太平洋」といううまい訳語ができたが、"Atlantic ocean"には良い訳語が見つからなかった、というのが現在の用語になった経緯でしょうか(想像)。

文書にかんしては杉田玄白らの「解体新書」、林子平「海国兵談」、といった歴史的な作品もあった。ただし何時から収蔵されるようになったかは不明。江戸時代にすでに入手されていたとしたらすごいです。

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »