« 【美術館】「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション」展/岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 【コンサート】モーツァルト:交響曲第41番ほか/セントラル愛知交響楽団 »

2021年2月27日 (土)

「坊っちゃん」(夏目漱石、昭和25(1950)年、新潮文庫)

「坊っちゃん」(夏目漱石、昭和25(1950)年、新潮文庫/原作は明治39(1906)年)

この小説は小学生のとき、たしか4年生だと思うが、夏休みの読書感想文を書くために読みました。先生に勧められたからではなくて、父の勧めだったと思います。
感想文を書いた記憶はかすかにあるのですが、話の筋はまったくと言ってよいくらいに記憶にありません。「赤シャツ」だとか「山嵐」のようなあだ名が印象に残ったぐらいです。勧めた父自身、読んだことがあるのか今となっては不明(たぶん無い。おそらく、本格的な小説といえば夏目漱石、というステレオタイプな知識から来たのではないか)。
ところがこの作品は今でも子供向け文庫に収録されているらしい。

「文庫解説ワンダーランド」(斎藤美奈子、2017年、岩波新書)で「坊っちゃん」が取り上げられていて、それで今回また読んでみようという気になったわけです。



ストーリーは決して難しい小説ではないですが、やはり小学生には無理かな。小学生に理解できる箇所というと、主人公の子供時代のエピソードとか、中学校に就職後、生徒たちにからかわれたところとか、祭りの場で生徒たちの喧嘩に巻き込まれた場面ぐらいではないか。

主人公は世間知らずというか、世渡りが下手なんだろう(だから「坊っちゃん」なのだ)。主人公はかならずしも学校(狸や赤シャツら)から山嵐やうらなりが受けたような不当な扱い、不利益、を受けていたわけではない(軽くあしらわれていたが)。だから最後の待ち伏せのところでも山嵐ほどには執念を持ってなかったようです(「今晩だめだったら、おれは止めるぜ」と言っている)。しかし、野だから「坊っちゃん」呼ばわりされるに及んでついに切れてしまいましたね。

 

主人公とは別に山嵐も興味深い人物です。小説の途中まではもっともよくできた人物に見えました。主人公の宿直の際のいざこざを弁護する発言をしたり、主人公に何度も忠告を与えたりと良いところを見せています。一方でうらなりの婚約者を赤シャツが横取りした件で、赤シャツに意見をしに行ったり、うらなりの送別会で赤シャツらに対する当てつけ発言をしたりは余計だったかもしれないですけれども。
しかし、その山嵐も最後には切れてしまった。

« 【美術館】「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション」展/岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 【コンサート】モーツァルト:交響曲第41番ほか/セントラル愛知交響楽団 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【美術館】「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション」展/岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 【コンサート】モーツァルト:交響曲第41番ほか/セントラル愛知交響楽団 »