« 【美術館】メナード美術館 (2021年3月18日) | トップページ | 【美術館】「吉田博」展/パラミタミュージアム »

2021年3月26日 (金)

「小説集 夏の花」(原民喜、1983年、岩波文庫)

「小説集 夏の花」(原民喜、1983年、岩波文庫)

この本も「文庫解説ワンダーランド」(斎藤美奈子、2017年、岩波新書)で取り上げられていたものです。

「夏の花」を読むと「はだしのゲン」を思い出します。小学生のとき少年ジャンプに連載された「はだしのゲン」をリアルタイムで読みました。8月6日の朝、「私」(おそらく原民喜)が起床したちょうどそのころ、ゲンは(作者の中沢啓治は)登校の校門で女性に呼び止められて会話をしていると米軍機が飛来していることに気が付いて...。


「文庫解説ワンダーランド」によれば「夏の花」について大江健三郎、リービ英雄らの論者がこの作品を私小説として評価する評論を展開しているようですが、正直言って私にはそれらをよく理解できません。実体験の報告と創作とが渾然一体になったような小説を私小説というのか、と今頃理解したレベルですね。

「はだしのゲン」では被爆者に対する理不尽な行為・態度・差別・偏見も描かれていて読み進めるのが本当にきつかった(結局、連載を最後まで読んでません)。しかし、原民喜の「小説集 夏の花」にはその側面の記述はほとんどないです。

この小説集に収録された作品のなかでは原爆直後を描いた「夏の花」「廃墟から」などよりは、戦中・戦後の生活を描いた「壊滅の序曲」「氷花」などに私は興味があります。

とくに「氷花」は戦後の混乱の中で彷徨う知識人を描いている。戦後1年以上経過して2人の兄はもちろん、夫を亡くした姉と妹も新しい生活を徐々に作っていっているにも拘わらず、ただ一人本人(これも原民喜本人か)だけはっきりしない状況が続いています。これは単なる知識人の弱さ、もあるかもしれませんが、民樹が妻を失って家族を持たないから、というのもあるのではないか。

 

« 【美術館】メナード美術館 (2021年3月18日) | トップページ | 【美術館】「吉田博」展/パラミタミュージアム »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【美術館】メナード美術館 (2021年3月18日) | トップページ | 【美術館】「吉田博」展/パラミタミュージアム »